短小ペニスの改善法をお教えします

title

短小ペニスの基準

性器の大きさの大小というのは、実は医学的に定められており、一定の基準値よりも小さいと「マイクロペニス」や「短小ペニス」という扱いになり、医学による治療を行う必要があると言われています。

そのサイズというのは、欧米基準であり、日本人での扱いとなるとサイズに変動があるのですが、一般的に成人であれば勃起時で94mm以下、つまり9cm弱よりも小さいと欧米では医学的に短小ペニスという扱いになり、改善治療が必要となります。

では日本基準ではどれくらいの大きさなのかですが、日本では勃起時で5cmが治療のボーダーと言われています。

したがって、もし今現在勃起時にペニスのサイズが5cmに満たないのであれば、治療が必要となります。

包茎も併発している可能性の高い短小

短小ペニスを発症していると、同時にある症状を併発している可能性があると言われています。

その症状というは、亀頭周辺に包皮が被ったままになってしまう包茎という症状です。

包茎にはいくつかの種類が存在しているのですが、この包茎という症状は共通して、亀頭に対して包皮と呼ばれる皮がかぶさった状態になっています。

この症状を併発しており、ただ単にペニスの大きさが小さいだけではなく、更に皮もかぶっている短小包茎と呼ばれる症状を併発してしまっている人というのは、実は非常に多くいるのです。

短小の原因

短小になってしまう原因には大きく分けて3つの原因があります。

1つ目は包茎です。

包茎の症状というのは、亀頭に対して皮が被った状態になってしまうという症状です。

この亀頭に対して皮が被った状態というのは、縦に向かって成長しようとしているものを抑えるような状態になるため、短小の原因だと言われています。

2つ目は遺伝と生活習慣です。

ペニスのサイズというのは男性ホルモンや成長ホルモンの分泌量などによっても変化します。

したがって、ペニスの成長に必要なホルモンが第二次性徴期に多量に分泌されるような遺伝を引き継ぎ、更に生活習慣もそれに準じたものであれば、ペニスのサイズというのは必然的に大きくなります。

しかしこのどちらかが阻害されてしまうと、ペニスのサイズというのは大きくなりにくく、短小となってしますのです。

最後に3つ目が早い段階での自慰行為のやり過ぎです。

自慰行為を始める年齢というのは違っていますが、幼少期に性的な快感に目覚め、自慰行為を行うようになるとペニスのサイズが小さくなりやすいという特徴があるようです。

短小の改善法

短小の症状を改善する方法として多くの人が行っているのがサプリメントを利用した改善方法です。

この方法というのは非常に手軽な方法であり、優れた効果を発揮してくれます。

しかし実はサイズアップの方法にはサプリメントを使用する方法以外にも多くの方法が存在しています。

ここでは多数のペニスのサイズアップ方法について紹介していきます。

自分に最もあったサイズアップの方法で、自分の理想のペニスを手に入れてみましょう。

ペニス増大サプリ

初めに紹介する短小の改善方法は、ペニス増大サプリの使用です。

この方法というのは、サイズアップ効果があるサプリメントを服用することによって、大きさを変えていくという方法です。

この方法は非常に手軽に行えて、それでいてとても高い効果があるサイズアップの方法です。

現に私もこの方法でペニスのサイズを一気に上昇させ、理想のサイズを手に入れることができました。

また、ペニス増大サプリの中にはただ単にサイズを上昇させる効果があるだけではなく、精子の生成量を上昇させる効果があるサプリメントも存在しているため、ただ単にサイズを大きくする以外の効果を得ることもできます。

したがって、ペニス増大サプリの使用はサイズアップだけではなく、性機能全般の悩みを改善させることも可能となっています。

ペニス増大トレーニング(チントレ)

次に紹介するのはペニス増大トレーニング、チントレと呼ばれるような行為です。

このトレーニングというのは、名前の通りペニスのサイズを大きくするためのトレーニングです。

トレーニングの内容には非常に多くのものが存在しています。

ペニスに対して直接刺激を与える事によって陰茎や海綿体を鍛えるというものや、ペニス以外の部位を鍛える、もしくは刺激を与える事によってペニスを大きくするというものもあるため、トレーニングの際には自分に最もあったトレーニングを探し、行うようにしましょう。

ダイエット

ペニスのサイズアップに関係することとして、ダイエットがあります。

ダイエットとペニスのサイズがどう関係しているのか、それは下腹部に付着する脂肪が関係しています。

陰茎というのは体内から体外へ伸びるような形で外に出ています。

そのため、陰茎の付け根の部分というのは身体の内側に埋もれるような形で存在しているわけです。

そしてその周りに脂肪がつくと、付け根の部分が前へ前へと伸びていく、つまり伸びている先は同じ場所なのに、付け根が前へ飛び出し、陰茎のサイズが本来の大きさよりも小さくなっていくのです。

したがって、肥満体型の人が短小に悩んでいる場合、ダイエットを行うことによって本来の陰茎のサイズに戻ることが可能な場合があります。

ジェルキング

ペニスのサイズアップを行う方法として、ジェルキングというエクササイズがあります。

このジェルキングは別名ミルキングとも呼ばれるエクササイズの方法で、1970年代から存在しています。

内容としては、半立ちの状態まで勃起させたペニスを牛の乳搾りをするように刺激していき、先に向かって伸ばすように刺激を与えていくというものです。

ジェルキングは力加減を間違えると強い痛みが発生するなどの問題が発生します。

したがって、刺激を与える際には適度な力で、かといって弱すぎないような力加減を探りながら行うのが重要となります。

外科手術

ペニスを大きくする方法として、外科手術による増大方法があります。

手術方法には大きく3つの方法があります。

1つ目は長茎手術で、これは体の内側にある陰茎を外側に引き出し、サイズを長くするという方法です。

2つ目は増大手術と呼ばれるもので、これは陰茎に対してアクアミドやヒアルロン酸、もしくは自分の脂肪を駐車し、サイズを大きくするという方法です。

3つ目は亀頭増大手術と呼ばれるもので、これは亀頭に対してヒアルロン酸を注射することによって、亀頭のサイズを大きくするという方法です。

短小を改善する場合、一般的に長茎手術で陰茎を長くする、もしくは亀頭増大手術によって先に出ている部分を大きくするのが一般的です。

しかし外科手術の場合、時間の経過によって元の大きさに戻ってしまう可能性があるという難点があります。

ペニス増大器具

外科手術などの方法によってサイズを増加させるのではなく、専用の道具を利用しサイズ・アップを行う方法があります。

この方法というのは、ペニス増大器具と呼ばれるものを使用する方法です。

増大器具には多くの種類のものが存在しており、ギプスのように引っ張り大きくするというものから、器具を締め付けることによってペニスを刺激しサイズを伸ばすというものまで存在しています。

この方法は痛みを伴うだけではなく、時にはペニスの組織に対してダメージを与えることがあるため、実行の際には慎重な情報収集と正しい方法での使用を行う必要があります。

PC筋を鍛える

ペニス増大トレーニングと呼ばれる増大方法の中でも、多くの人が行っているのがPC筋と呼ばれる筋肉を鍛えるトレーニングです。

PC筋は睾丸と肛門の中間部分に存在している筋肉なのですが、この筋肉を鍛えることによってペニスのサイズ・アップが可能となります。

鍛え方は尿と我慢するときの要領で肛門とその周辺に力を入れ、10秒ほどしたら力を抜く、というのを繰り返すという方法です。

この方法を2ヶ月から3ヶ月行うことによって、ペニスのサイズは一気に大きくなります。

血行を良くする

ペニスのサイズアップを行う際には、血行の改善を意識することによってより良い効果が現れます。

ペニスが勃起する際には、海綿体に対して多量の血液が流れていきます。

したがって、血液がスムーズに流れない状態になってしまうと必然的にペニスのサイズというのは大きくなりにくくなってしまいます。

そして平常時であっても血行が悪ければ、勃起に血液が流れこむ海綿体というのは徐々に衰えていってしまいます。

したがって、食生活や生活習慣の改善によって血液が流れやすい状態を作りつつ、毎日きちんと海綿体に血液が流れる状態、つまりしっかりと勃起させて萎えさせるというのを繰り返すことによって、海綿体が成長していき、ペニスのサイズというのはどんどんと大きくなっていくのです。

オナ禁

ペニスのサイズアップに効果的と言われていることとして、自慰行為の禁止、いわゆるオナ禁というものがあります。

自慰行為を控えることによってサイズアップが行える、そういった話はよく聞くと思いますが、実はこれはあまり効果がありません。

というのも、人間の体というのは必要な場所に対して血液を送るような働きがあるため、自慰行為を行い性的な刺激を受け続けると、ペニスのサイズというのは大きくなっていき、逆に刺激を減らしていくと身体が不要と判断していってしまい、サイズが小さくなってしまうなどの問題が生まれるのです。

したがって、サイズアップを行いたいと思っているのであれば実はオナ禁というのはあまり良いものではなく、逆に適度に自慰行為を行うのが良いのです。

短小ペニスを改善して理想のペニスに(まとめ)

短小ペニスを改善する方法を多数紹介してきましたが、この中から一体何が最も良い改善方法なのか、という疑問を持つ人もいることでしょう。

効果があると言われている方法にはどれも素晴らしい効果があり、サイズアップを行うことが可能となっています。

したがって、自分が気になった方法、気に入った方法が最も良い方法だと言えるでしょう。

しかしその中でも特に優れた素晴らしい効果があるものをあげるとするのであれば、やはりサプリメントの使用がオススメできます。

理由としては手軽に実行に移すことができて効果も高く、更にサイズアップ以外にも精力の増強といった性器脳全体に対しての悩みなどを解消できるためです。

もしどういった方法でペニスのサイズを大きくしようかと悩んでいるのであれば、一度サプリメントを使用したサイズアップを行ってみましょう。